成長をとことん待つ

私達は決して焦らず ご本人の成長を見守ります。

グループホーム友では、入居前・入居後のアセスメントを重視し、ご本人の「できる部分」「できそうな部分」「できにくい部分」を関係機関のみなさまと共有し、利用者様の意思を尊重したうえで、自己決定していただけるよう職員全員で成長を見守ります。

他業種から入職して、利用者支援を10年部下の成長をサポートすることが新たな喜びに

  • サービス管理責任者 原島 憲和(はらしま のりかず)
  • 2010年4月入社
  • 精神保健福祉士・介護福祉士

もっと詳しくみる

-簡単な自己紹介をお願いします。

原島)グループホーム友でサービス管理責任者をしている原島憲和です。前職は高齢者の介護サービス事業所でマネージャーをしていました。精神保健福祉士の資格を取得していたので、介護よりも精神・知的障害者への支援の興味があり、当事者の方と直接関われるような仕事をしたいと思い転職しました。

-友でのサービス管理責任者としての役割や仕事の内容を教えてください。

原島) 各利用者の個別支援計画を作成し、各職員に支援の方向性を浸透させ、進捗状況を確認していきます。それにともなって職員の教育や個別研修などもおこないます。それから保護者の方との連携や各関係機関との連携も重要な役割の一つです。

-軽度から重度までの支援を幅広く経験してきましたね。障害の重さによって支援のイルは変わるものですか?

原島) 重度の障害をお持ちの利用者様の場合、自分の要望をうまく伝えることができなかったり、起こっていることに対して自分で判断することが難しかったりします。そのため、利用者様自身で選択できることが限られており、職員が配慮して利用者様の意向をくみ取る場面が多くなります。逆に軽度の障害をお持ちの利用者様の場合、利用者様自身でより良い選択をできるよう配慮します。

障害が軽度でも重度でもできる部分を増やしていくという共通の目的は同じですが、年齢、障害の程度、種別に応じてアプローチの方法は違ってきます。また同じ年齢、障害の程度、種別でも個人個人の性格や成育歴・趣味嗜好・考え方は人それぞれなので、個別化したアプローチを心掛けています。

-障害福祉サービスの仕事のどんなところに魅力を感じていますか?

原島) 支援者としては、利用者様とラポール(信頼関係)を築き、支援を提供した結果として利用者様のできることが増え、利用者様のうれしそうな顔や自信をつけてきた様子を確認できた時にやりがいを感じています。そしてサービス管理責任者としては、職員が支援する力をつけてきたことを確認できた時にやりがいを感じています。

-最後に、これから障害福祉の分野で働いてみたいと考えている人に、何か一言お願いします。

原島)私もそうなのですが、福祉未経験でも他の分野の仕事をされていた方でも興味がある方は飛び込んできてほしいと思います。他の分野の仕事をされていたことも決して無駄にはなりません。利用者様のできることを増やすためにあなたの力を貸して下さい!

このインタビューだけでグループホーム友の支援内容をご理解いただくのは難しいかと思います。随時、見学や体験を受けつけておりますので、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

実践的で多様な内部研修が支援提供の手がかりに

  • 高口 みさ(たかぐち みさ)
  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士

もっと詳しくみる

-簡単な自己紹介をお願いします。

高口) グループホーム友で世話人をしている高口みさです。日常から解放され自分で旅の計画を立て自由に動ける一人旅が好きです。バックパックひとつでアジアを中心に旅行していました。その中でもベトナムが気に入り3年間住み続けてしまったほどです。アオザイというベトナムの衣装に絵を描く仕事をみつけて1日450円の収入で日本は豊かな国だなと感じながらシンプルな暮らしをしたこともありました。

-入社理由(志望動機)を教えてください。

高口) そんな私が福祉の道を選んだのは、家族が障害をもっていたためです。家族のことで長い間、ソーシャルワーカーや理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の人たちに支えられてきたので、自分自身も支える側になれたらと思いエスプリに入社しました。そして、2020年4月にグループホーム友へ異動してきました。

-友ではどんな役割を担っていますか?

高口) 地域の中で「自分らしく」「安心」して、利用者様が暮らしていくために様々なサポートをしています。朝7時の朝食を見守るところから、服薬確認、歯磨き・髭剃りなど身だしなみを支援し、日中活動先へ送り出します。
朝食前の起床すること1つでも、自分で起きることができる人、起きるキッカケが必要な人、起きた後に行動が停止してしまう人など様々で、個別に支援方法を変えて対応をしていきます。

支援では、アセスメントを重視し個々の利用者様に合う構造化(暮らしやすく環境を整えること)を考えています。例えば、時間の概念を理解することが難しい人、始まりや終わりが分からない人などは見通しが立たずに不安になってしまいます。そこで、絵カードやスケジュール表などを作成し1日の流れのルーティンを表示します。こうした時間の構造化をすることで利用者様が混乱せず安心して生活ができるようになり職員の促しがなくても「できる」ことが増えていきます。

-重度知的障害者の支援は初めてになると思いますが、人事異動から4か月経過した時点での感想を教えてください。

高口) もひとり一人の強みが活かされるような取り組みを模索しながら支援にあたっています。わからないことがあった時は、上司や先輩に聞き、助言を受けながら支援に取り組んでいます。また、「利用者様のできることを増やす」ことや「自立へ導く」ことに対する支援姿勢はこれまでSHIPで学んできたことと変わりはありません。ただ、これまでは言語でのコミュニケーション支援が中心だったため、非言語でのコミュニケーション支援方法は、まだまだ勉強中です。

まずは利用者様と信頼関係を構築し、アセスメントを重視した支援を心がけています。
また、SHIPでは研修が充実しているので友に異動する前にASD研修や強度行動障害の研修、重度の生活介護でも体験実習を受け、座学だけでなく実践での研修を受けることができたので、支援する上でのヒントになっています。

-最後に高口さんにとって、障害福祉サービスの仕事でのやりがいに感じていることを教えてください。

高口) そうですね。「できなかった」ことが「できる」ようになると利用者様の活動の幅も広がり、利用者様が誰かの指示を待たずに、主体的に動けるようになると思うので、私にとってのやりがいは、利用者様のできることが増えていくことです。

このインタビューだけでグループホーム友の支援内容をご理解いただくのは難しいかと思います。
随時、見学や体験を受けつけておりますので、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

人員体制

管理者1名

サービス管理責任者1名

世話人4名

生活支援員18名

夜間支援員11名